四国八十八ヶ所歩き遍路 区切り打ち 高知
本文へジャンプ  

四国八十八ヶ所歩き遍路 区切り打ち 土佐国(高知)  
  
24番最御崎寺から27番神峯寺 2009.5

  
左)はりまや橋
  

  
左)室戸岬の24番・最御崎寺 高知県で最初の札所
  
右)見晴らしが最高
  

  
左)25番・津照寺
  

  

  

  
左)26番・金剛頂寺
  
中)納経所に見たことのある人が・・・
  
中)びわのお接待
  

  

  

  
左)奈半利の宿泊先に到着したのが夜の7時30分過ぎ
  

  

  
左)上り坂が延々と続く
  
左)27番・神峯寺
  

  

  

  
中)阪神タイガースのキャンプ地 安芸市に入る
  

  

  
左)次回は、安芸市の球場前駅より28番大日寺を目指す。



28番大日寺から32番禅師峰寺まで 2009.6




左)はりまや橋から少し歩くと様々な屋台がひしめく市場へ

左)遍路道でよく見かける休憩場所

左)無料のお接待休憩所で何度となく救われる

左)遍路道中、思いがけず見晴らしがよく、美味しい食事を頂けた

左)途中、歩き遍路初となる雨にみまわれる



左)28番・大日寺へ



左)雨の中でも、お参りの方は絶えない

右)お薦めのお店「桑の木」


中)朝早すぎて、残念ながら食べれず

中)29番・土佐国分寺



左)田んぼには沢山のタニシ



左)30番札所のお隣の土佐一ノ宮

左)30番・善楽寺





左)往時の雰囲気を残す遍路道



左)牧野植物園を横断する遍路道 右)31番・竹林寺



中)おいしいチャイを頂く

中)道案内等をして下さったご親切な地元の方



左)32番・禅師峰寺

中)見晴らしがよく、気持ちがいい

左)次回は、峰寺通バス停より33番 雪蹊寺を目指す



32番禅師峰寺から36番青龍寺まで 2009.10


  

  
左)33番への遍路道の途中、桂浜へ寄り道
 
左)凛々しいお顔の龍馬像 中)坂本龍馬記念館に寄り道
  
中)33番・雪蹊寺
  

  

  

  
左)34番・種間寺
  

  
右)種間寺すぐ隣りのオススメ食事処「青いトマト」
  

  

  
左)35番・清瀧寺
  

  

  

  

  
左)お世話になった「白川旅館」
  

  

  
左)黄金大師 中)有り難いお接待
  
中)36番・青龍寺
  
左)あの朝青龍関の名の由来となったお寺
  

  
右)若夫婦から心温まる声援とお接待
  

  

  
左)次回は、浦ノ内トンネルより、37番・岩本寺を目指す!



36番青龍寺から37番岩本寺まで 2009.12


  
左)浦ノ内トンネルより再開する
  

  

  
左)かわうその里・須崎(日本で最後にかわうそが確認された場所なんだとか)
  

  
左)険しい遍路道となる焼坂峠
  

  
左)遍路道中初となる降雪
  
左)高速道路に為、山が削られ、新たな遍路道が造られる
  

  

  
左)今までの遍路で一番豪華な宿「黒潮本陣」。
  

  
中)心温まる沢山のお接待(みかん・お煎餅・お茶・芋・地図・手編みの小物袋)
  

  

  

  
左)昔ながらの遍路道である、そえみみず遍路道
  

  

  

  

  
左)コンビにでもお茶のお接待 休む為の机・椅子も準備して下さった
  

  
中)37番・岩本寺
  
左)次は、足摺岬にある38番・金剛福寺を目指す!



37番岩本寺から四万十川まで 2010.9


  
左)朝6時前の始発に乗って、岩本寺のある窪川へ
  
左)再び37番岩本寺
  
左)信州信濃の善光寺の石仏
  

  

  

  

  
左)今回は歩きお遍路さんによく会いました
  
左)無料休憩所にまつられているお大師さま
  

  
左)歴史を感じるレンガ造りのトンネル
  

  

  

  

  

  

  
右)井ノ岬温泉
  
左)温泉に立ち寄り入浴 右)施設の半分は営業中止
  
中)500円のお接待 右)宿泊先「たかはま」
  

  

  

  

  

  

  

  
左)千羽鶴を背負ってのご夫婦お遍路さん
  

  

  
左)日本最後の清流「四万十川」
  
左)途中寄り道をして船母(帆掛け船)に乗船
  
左)四万十川の前にある「四万十屋」 『美味しんぼ』に出てくる鰻屋さん
  
 
 次回は、遂に足摺岬の38番金剛福寺へ



四万十川から38番金剛福寺まで 2011.5


  
中)日本最後の清流「四万十川」
  

  

  
中)高知の小京都と呼ばれる中村に伝わる「大文字山」の送り火
  

  

  

  

  
中)ここから先は、足摺岬に行ってから戻ってくる場所(下ノ加江川沿い)
  

  

  

  

  

  

  

  
左)サーファーが沢山いた大岐浜
  

  

  

  
左)80歳のご夫婦で切り盛りしている民宿「旅路」
  
中)分かりづらい遍路道の入り口まで先導頂く
  

  

  
左)趣のある遍路道
  

  

  
左)遍路古道
  

  
中)路古道を抜けると山の上にお寺が
  

  
左)茨城県のお鮨屋さんの大将と同行二人
  
右)冷たいコーヒーと飴のご接待
  

  

  

  

  
左)ジョン万次郎の銅像
  
左)第38番・金剛福寺へ
  
中)立派な伽藍
  

  

  

  
中)足摺七不思議「ゆるぎ石」
  
左)足摺岬のシンボル・灯台 中)ここから海を見ていると、地球が丸いのがわかります
  

  
                                          
  
左)急な階段の下に「白山洞門」
  
右)宿泊先足摺テルメ
  

  

  
左)若い外国のカップルお遍路さん
  
中)リヤカーに寝具類を積んで歩くお遍路さんも
  
左)バスお遍路さんも、遍路古道の一部を歩かれ、歩き遍路体験をされる
  

  

  
左)ホエールウォッチングの看板 中)鰹節加工場
  

  

  
中)一昨日前にお世話になった民宿旅路
  

  
中)大岐浜で簡単な昼食
  
左)仲の良さそうなご夫婦お遍路さん
  

  
左)下ノ加江川沿いのバス停「八坂橋通」にて打ち終える 右)公認先達の方の車にて中村駅へ



38番金剛福寺から39番延光寺 2011.10


  
左)バス停「八坂橋通」よりはじめる
  

  

  

  

  

  

  

  

  

  
左)軽トラックのお爺ちゃんからお菓子の詰合せのお接待
  

  

  
左)土佐国最後の札所・39番延光寺
  

  
左)延光寺のシンボル「亀」
  

  
左)東宿毛駅 中)国民宿舎椰子からの景色